アプリケーション(分光分野)
レーザアベレーション
レーザー誘起蛍光法(LIF)
アーク放電・燃焼
ミリ秒時間分解吸収測定
ナノ秒、マイクロ秒時間分解吸収(ポンプ&プローブ)測定
フェムト・ピコ秒時間分解吸収(ポンプ&プローブ)測定
1KHzレーザー同期時間分解吸収(ポンプ&プローブ)測定
顕微分光システム
周波数ドメイン蛍光寿命測定
時間分解プラズマ発光イメージング分光測定
ダイアモンドアンビル(DAC)の圧力・温度計測
ラマン散乱分光orイメージング
トムソン散乱分光orイメージング
生体深部イメージング (in-Vivo)
一重項酸素イメージング及び分光測定
近赤外域天体系観測
蛍光測定
透過・吸収分光測定
透過・吸収分光測定
エミッション顕微鏡(欠陥検査)
ボーズアインシュタイン凝縮BEC計測
レーザー誘起ブレークダウン分光 LIBS
反射・透過測定
超微弱光検出(ラマン、PL、発光など)
顕微分光システム

分光測定により対象となる物質の物性に関する知見を得る事が出来ますが、さらに微小部分の局所的分光を行う事が、顕微分光の目的です。この分光システムは、各種顕微鏡と組み合わせて顕微分光システムを構成する事が可能です。日本ローパーの顕微分光システムでは、励起シャッター、サンプルステージ等を制御するソフトウェア(SnapIn)を用意しています。このソフトウエアは、サンプルの位置を電動ステージでスキャンしながら自動的にスペクトルを測定する事が出来ます。さらに測定したスペクトルから注目する情報(スペクトルのピーク位置、バンド幅、ピーク強度等)に関するⒷマッピング画像を作る事が出来ます。

 

正立顕微鏡を用いた場合の顕微分光システム例

lazer

 

倒立顕微鏡を用いた場合の顕微分光システム例

群速度分散補正機能


<システム構成>
検出器:PIXIS,PyLoNProEM
分光器:IsoPlane SpectraProシリーズ
光学系:顕微鏡(正立、倒立)ファイバ正立)
制御系:PC ソフトウエア (ⒷマッピングSnapIn)