アプリケーション(分光分野)
レーザアベレーション
レーザー誘起蛍光法(LIF)
アーク放電・燃焼
ミリ秒時間分解吸収測定
ナノ秒、マイクロ秒時間分解吸収(ポンプ&プローブ)測定
フェムト・ピコ秒時間分解吸収(ポンプ&プローブ)測定
1KHzレーザー同期時間分解吸収(ポンプ&プローブ)測定
顕微分光システム
周波数ドメイン蛍光寿命測定
時間分解プラズマ発光イメージング分光測定
ダイアモンドアンビル(DAC)の圧力・温度計測
ラマン散乱分光orイメージング
トムソン散乱分光orイメージング
生体深部イメージング (in-Vivo)
一重項酸素イメージング及び分光測定
近赤外域天体系観測
蛍光測定
透過・吸収分光測定
透過・吸収分光測定
エミッション顕微鏡(欠陥検査)
ボーズアインシュタイン凝縮BEC計測
レーザー誘起ブレークダウン分光 LIBS
反射・透過測定
超微弱光検出(ラマン、PL、発光など)
ダイアモンドアンビル(DAC)の圧力・温度計測

ダイアモンドアンビルセル(DAC)は、小型軽量でありながら発生圧力が高く、高圧下の物性測定に最適なツールとして使用されています。日本ローパーでは、DACを使用した光学測定システム、ソフトウェアも扱っています。DACの圧力測定に対しては、ルビー蛍光法を利用して、Roper Scientific CCD分光システムによるスペクトル測定からリアルタイムで圧力を求める事が可能です。
また近年、高温高圧下での物性測定に興味が持たれていますが、放射スペクトルから温度を計測する事も可能です

上記のようなすべての操作を可能にした ⓒ測温側圧ソフトウエアもご提供できます

 

DAC1

DAC2

dac3


<システム構成>
検出器:PIXIS,PyLoNProEM
分光器:IsoPlane SpectraProシリーズ
制御系:PC、ソフトウエア@測温側圧ソフトウエア
光学系:集光系、ダイヤモンドアンビルセル