画像解析CCD
kuro

PI-MAX4
ProEM
NIRvana pylon
画像解析CCD
pixisxo

pixisXB
pixisXF


高速度画像解析、微弱光分光分析、時間分解画像・分光測定など 様々なサイエンティフィック研究用途に対応すべく開発されたカメラです。

新型分光用EMCCD ProEM:1600シリーズ発売開始バックイルミネイト・eXcelon で紫外域と近赤外域でもQEが高く 近赤外域のエタロニングも削減しています。
標準で1500Hz の スペクトル繰り返しが可能でカスタム設定で3KHzも可能になりました。
標準-70℃冷却で水冷補助により-90℃冷却も可能です。
特徴

PhotonMAXシリーズの後継機種として12項目の機能をアップしました
X1200 の最大電荷増倍率   1 倍から設定可能(標準は、max1000倍、1200倍はオプション)
OptiCALTM   EM ゲインをリニア増幅にし、内蔵 光源による自動較正機能を搭載
BASETM   ベースラインのドリフトや揺らぎを 完全安定化
PINSTM   PI独自のノイズ低減技術を開発し 各モードで低システムノイズを実現
メカニカル・シャッター内蔵   ダークチャージ測定や保管に最適
カスタム・タイミング機能   縦方向シフトレートを300nsec ~ 5μsec
カスタム・チップ機能   256×256 設定で標準65fps が114fps に高速化
ハードウェア・タイムスタンプ機能   高速撮影時に正確な時間を確認できます
最小3e-rms 読出しノイズ   最小読出しノイズ=システムノイズを低減化しました
ギガビット・イーサネット   GigE インターフェース標準搭載
16 ビットダイナミックレンジ   全てのAD 速度、設定ゲインにて可能
Kinetics 機能標準搭載   マイクロ秒時間分解測定が可能
量子効率95%以上(ピーク値)   バックイルミネイト型フレームトランスファーEMCCD
-80℃   電子冷却 空冷、水冷、空冷+水冷の構成を選択可能


仕様


sイメージング用EMCCD
Model Imaging Array Sensor Type Pixel Size Peak
 QE
512B 512 x 512 B/I FT 16 x 16 µm ~95%
512B eXcelon3 512 x 512 B/I, eXcelon3 FT (PI Exclusive) 16 x 16 µm ~95%
512BK 512 x 410, 512x2 B/I, FT 16 x 16 µm ~95%
512BK eXcelon 512 x 410, 512x2B B/I, eXcelon FT (PI Exclusive) 16 x 16µm ~90%
1024B 1024 x 1024 B/I FT 13 x 13µm ~95%
1024B eXcelon3 1024 x 1024 B/I FT B/I eXcelon3 FT (PI Exclusive) 13 x 13µm ~95%

 

s分光用EMCCD

16002 eXcelon3 1600 x 200 B/I eXcelon3 (PI Exclusive) 16 x 16µm ~95%
16004 eXcelon3 1600 x 400 B/I eXcelon3 (PI Exclusive) 16 x 16µm ~95%

 

s英文データ Princeton Instruments

catalog