画像解析CCD
kuro

PI-MAX4
ProEM
NIRvana pylon
画像解析CCD
pixisxo

pixisXB
pixisXF
近赤外域2次元InGaAsカメラ

 


近赤外域に高い感度を持つ2次元InGaAsカメラ
NIRvana:640にコストパフォーマンス版カメラが追加されました。
電子冷却640×512素子の共通デバイスで冷却温度性能のみを変更したカメラです。
サイエンティフィック分野の物理・化学向け分光・画像測定、ライフサイエンス・天文・産業分野の画像測定等、近赤外域での高感度・高ダイナミックレンジ・高解像度・高速繰返しが可能なカメラです。

NIRvana:640   NIRvana:640ST
数分単位の露光時間で近赤外域画像検出用途を大きく革新し分光分析用途へ活用でき、マイクロ秒単位の時間分解性能をも備える高感度低ノイズカメラです。‐80℃空冷電子冷却方式で最速110Hzの画像繰り返しが可能です。  

冷却温度を空冷電子冷却で-60℃に設定することで機構的なコストダウンを実現しました。
冷却温度の限定で設定露光時間を
Short Time Integration=STとする新型カメラです。


s仕様    
 

NIRvana: 640

NIRvana: 640ST

センサー

640 x 512 InGaAs

素子サイズ

20 x 20 μm

感度範囲

0.9 - 1.7 μm

冷却温度

-80℃(-85℃*)

-60℃(-65℃*)

ダークチャージ

150e-/p/sec

<1500e-/p/sec

読出しノイズ

120e- rms(High Gain)

ダイナミックレンジ

16ビット(>15ビット@1素子)

フレームレート

110 fps @10MH

インターフェース

GigE

ソフトウェア

Light Field、SITK、LabView(64Bits)/ WinX32、SITK、LabView(32Bits)


sアプリケーション

○太陽電池の解析
○半導体材料欠陥測定
○カーボンナノチューブ測定
○過渡吸収分光測定
○赤外ラマン分光測定
○赤外フォトルミネッセンス分光測定


s量子効率グラフ

QE

s英文情報 Princeton Instruments

catalog